ホスティングサービスでのワードプレス

ホスティングサービスを利用する方の多くがWebサーバー目当てとなっています。
ウェブサーバーは手軽に構築できるサービスですが、企業で運用しようとすると手間が結構掛かるのがネックでもあります。

BIGLOBEニュースの情報を多数ご用意したサイトです。

ホスティングで重要となってくるのが手軽さと安定性です。



ウェブサーバーとしてホスティングを利用する場合はインストール作業等無しでいきなりHTMLファイルなどを転送して使いたいものです。


多くのホスティングサービスではこれを実現しており、契約すればFTPアカウントがすぐにもらえてファイルをアップできます。
また、CMSの導入もワンクリックであることが多く、ワードプレスについてはほぼすべてのサービスで利用できるように工夫されています。ワードプレスは更新が早く頻繁にアップデート作業が必要となるのですが、ホスティングサービスによって扱いが変わっています。



多くはアップデートは自動で行われることが多いのですが、アップデートによるプラグインの動作不良などを考慮して、手動で対応させる場合も少なありません。

この点についてはサービス会社のポリシーとなります。

また、プラグインについては自由にインストールできる場合がほとんどですが、固定式、もしくは、動作確認が取れたプラグインだけが選択できる場合もあり、選択時に注意したい点です。ワードプレスを利用できるサービスは他にもありますが、CPUなどサーバーを気にすることなく利用できる点においてこのサービスはもっとも使いやすいと考える企業が多いです。