ホスティングを使った効率的なサーバ運営

ホスティングサービスを利用してウェブサイトやメールサーバなどを効率的に活用している企業が増えています。

NAVERまとめの情報を利用しない手はないです。

もともとウェブサイトなどを企業が構築するには自社サーバで行うケースが多かったのですが、ホスティングサービスで使われるサーバがグレードアップしていること、自社管理ではコストがかかりすぎることからホスティングサービスへの移行が進んでいます。

特に複数台サーバーを管理していた企業で移行する事例が増えています。
移行先にはVPSも考慮されますが、企業の多くが管理者を多数用意できないことなどからVPSの利用を控える場合が増えています。
ホスティングサービスの良さはOSとアプリケーションの管理を一任できることです。



複数台契約してもすべて適切に管理してくれます。


Webサーバ等の場合はデータベースを分離させたCMSを運用するケースが増えていますが、複数台のサーバを効率的に運用する意味でコストをかけずに実現するにはホスティングサービスは適しています。
コストでは特に人件費が重要になってきます。

ただし、コンテンツを作るためのコストは計上しませんが、サーバ管理だけでも人件費は大変です。



また、複数台運用では経験と知識が重要になります。

1台であればツールを使うなどで対応しやすいですが、複数台のサーバを協調させる場合はしっかりした知識が必要です。


また、ロードバランサーなどを自社設置する場合はサーバの台数が増えてしまいますがサービスを利用すれば台数を増やさずに対応できることが多いです。